PUBLICITY

有限会社スワニー、ストラタシス・ジャパンと共同プロジェクト立ち上げ、デジタルモールドを活用した次世代型モノづくりサービスの推進へ

株式会社O2(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本晋一、以下O2)と同グループ企業である株式会社IBUKI(本社:山形県西村山郡河北町、代表取締役社長:松本晋一、以下IBUKI)は製品設計開発業務の有限会社スワニー(本社:長野県伊那市、代表取締役社長:橋爪良博、以下スワニー)、株式会社ストラタシス・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片山浩晶、以下ストラタシス)と共同で3Dプリント樹脂型「*デジタルモールド®」を活用した次世代型モノづくりサービスを推進するプロジェクトを開始する事をお知らせいたします。

昨今、設計領域におけるユーザーのさらなるデジタルシフトは高まっています。従来の3D CADによる設計とアディティブマニュファクチャリングを活用した試作・製造は根強いニーズがあります。更にデジタルモールドを始めとする3Dプリント技術を活用したアプリケーションを導入する事でモノづくりの形に大きな変化が生まれ始めています。


*デジタルモールドとは
デジタルモールドは、3Dプリント樹脂型を用いてABS、PS、POM、PPなどの熱可塑性樹脂樹脂を射出成形する最新技術です。また、同様にこの3Dプリント樹脂型をブロー成形やプレス成型にも活用することで樹脂容器や金属部品の試作製造も可能になりました。迅速で安価に量産材料で試作部品や小ロット部品を製造することができます。
デジタルモールドは、有限会社スワニーの商標、もしくは登録商標です。


自社グループにIBUKIという金型製造企業を持つO2は、製造業への貢献を発信した「ものづくり日本大賞経済産業大臣賞」を受賞しており、かねてよりエンジニアリング領域の可視化、技術伝承、AI・IoT利活用等の各種ソリューションを用いた改革支援や人材育成サービスを通して製造業のお客様への貢献を継続して参りました。

このたびO2およびIBUKIは、デジタルモールドの開発を行っているスワニー、および同技術に使用されている3Dプリンタおよび造形材料のメーカーであるストラタシスとの協力体制を構築し、デジタルモールドを活用した次世代型モノづくりサービスの推進を目的により一層同社サービスを強化すべく、3社が保有するリソースの相互活用を前提として以下の共同プロジェクトを開始いたします。


共同プロジェクトによる取り組み:

●共同ビジネスモデルによる「試作~小ロット生産~量産」への幅広い展開
プロトタイプに強みを持つスワニーが提供するデジタルモールドと従来方式であるIBUKIが提供する量産金型製造のシームレス連携による共同ビジネスモデルの開発と展開

●デジタルモールドの大型化開発検討
これまで型締力80トンまでを対象としていたデジタルモールドの、さらなる大型化対応とその新サービスの開発検討

●金型と人工知能を掛け合わせた新サービスの共同開発と運営
株式会社IBUKIとO2グループ会社である株式会社LIGHTzの「AI金型」へのデジタルモールド活用等、デジタルモールドとAIをによる新サービスの共同開発と運営

●3社共同マーケティング
デジタルモールドを活用した次世代型モノづくりサービスの各種マーケティングにおける協業と普及推進

O2とスワニー、ストラタシスではこれらの取り組みを通して、デジタルモールドを活用した次世代型モノづくりサービスの開発・運営に努め、2020年3月までにO2グループにてデジタルモールドを活用する企業数100社を目指すとともに、更なるサービス開発・拡充を図ってまいります。

【O2について】 URL: https://www.o2-inc.com/

株式会社O2は、「戦略×技術×ものづくり」をトータルでサポートする製造業向けコンサルティング企業です。創業は2004年。独自の可視化・構造化ソリューションをベースとした開発・設計技術コンサルティングから事業を開始している。コンサルタントの9割以上は製造業出身者。得意領域は、ベテラン技術者の持つ暗黙知の形式知化。近年では事業戦略やイノベーション構想支援、製品競争力の工場から収益力の改善まで、広範囲に支援できる体制を整えています。資本金28,000千円(2018年6月1日現在)。従業員数42名(2018年6月1日現在/グループ全体151名)

IBUKIについて URL: http://www.ibki-inc.com

株式会社IBUKIは1933年に創業、1961年より旧社名安田製作所、2014年9月よりO2グループ企業としてIBUKIに名称変更、射出成形金型の設計・製造/各種プラスチック成形品の試作及び量産を行っています。近年では従来の金型製造にとどまらずO2グループでのシナジーを武器に新規事業開発にも積極的に取り組み「第7回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞」の受賞、「地域未来牽引企業」「はばたく中小企業・小規模事業者300社」にも選出されております。資本金78,000千円、従業員数62名(2018年6月1日現在)。

【スワニーについて】 URL: http://www.swany-ina.com/

長野県伊那市に本社を置く製品設計開発会社。1970年に弱電・電子機器の製造業として設立、2010年に製品設計会社として事業転換。最新の3Dプリンタと3Dモデリング技術を駆使し、製品の設計、試作、量産化を一貫してサポートする企業として数多くの実績を上げ、事業を急速に拡大しています。
その他、行政と連携し完全地産の製造業ご当地お土産プロジェクトや商店街の空きスペースを活用した内職ワークスペースなどの事づくりプロジェクトの発案・主導も行っています。また、3Dプリント樹脂型デジタルモールドなどの新技術も生み出し展開。アイデアを迅速に形に出来る、日本で一番頼ってもらえる設計会社を目指しています。
2013年、中小企業白書に新事業展開事例として掲載、2014年がんばる中小企業300社、2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞、ものづくりNAGANOエクセレンス認定等

【ストラタシス・ジャパンについて】 URL: http://www.stratasys.co.jp/

ストラタシス・ジャパンは、航空宇宙、自動車、ヘルスケア、コンシューマー製品や教育など、様々な業界向けのアディティブテクノロジーにおける世界的リーダーであるStratasys(NASDAQ: SSYS)の子会社です。30年近くにわたり、深くかつ継続して顧客企業のビジネスニーズに焦点を置き、意図的な革新技術:本日現在1,200件以上の取得済みもしくは申請中の積層技術に関する特許を有しています―により、デザインプロトタイプから製造ツール、最終製造パーツにいたるまで、製品ライフサイクルプロセスを通じ新たな価値を創造します。ソリューションと専門知識-高度なマテリアル;Voxelレベルまで制御するソフトウェア;高精細かつ再現性と信頼性のあるFDMおよびPolyJet3Dプリンター;アプリケーションに基づく専門的サービス;オンデマンドパーツおよび業界を定義するパートナーシップ-というストラタシスの3Dプリンティング・エコシステムは、各顧客の進化するワークフローへのシームレスな統合を確保するためのソリューションです。アディティブの真の世界的な可能性を満たすため、ストラタシスは、ビジネスプロセスを加速し、バリューチェーンを最適化し、そして世界中の何千人もの将来のリーダーがビジネスパフォーマンスを向上させるための画期的な、業界に特化したアプリケーションを提供します。
本社:米ミネソタ州ミネアポリス、イスラエルレホボト

■資料
『有限会社スワニー、ストラタシス・ジャパンと共同プロジェクト立ち上げ、
デジタルモールドを活用した次世代型モノづくりサービスの推進へ』
(PDF 889KB)