PRESS RELEASE

金メダル獲得を最前線で支えるデータサイエンティスト募集 日本フェンシング協会強化本部とデータアナリティクスのLIGHTzが 「Fencing Gold Medal Challenge」を共同開催

株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市千現、代表取締役社長:乙部信吾、以下LIGHTz)は、2020年の東京オリンピックフェンシング日本代表男子エペチームをフルサポートするデータサイエンティストチームを組成するため、日本フェンシング協会強化本部と共同で「Fencing Gold medal Challenge」を開催いたします。

LIGHTzは2017年よりデータアナリストを派遣しスポーツデータアナリティクスの面で日本フェンシング協会に貢献してまいりました。2019年8月からは更に強固な支援をさせていただくため、オフィシャルサプライヤー契約を締結し、アナリストによる試合データ解析と選手、コーチへのフィードバックを行っております。

今回、2020年の東京オリンピック出場に向け、更に強力なサポートを実施するためデータサイエンティストのプロフェッショナルを採用するイベント「Fencing Gold medal Challenge」を開催いたします。

このイベントの開催により、日本全国から優秀なデータサイエンティストを採用しフェンシング日本代表男子エペチームの金メダル獲得に向け更なる体制の強化を目指していきます。

 

「Fencing Gold medal Challenge」概要

■概要

日時:2019年12月14日(土)14:00(受付開始 13:30)

場所:「LIVING by LAPRAS

【住所】東京都渋谷区円山町28−1 渋谷道玄坂スカイビル2階

参加費:無料、事前申込(応募者多数の場合は抽選を行います)

募集人数:30名

内容

・13:30 受付開始

・14:00 開式の挨拶

・14:10 主催企業説明

・14:35 専属データアナリストによる説明

・15:00 日本代表チームによる模擬試合・データ測定

・16:00 チームディスカッション

「金メダルを取得するためにはどのような戦略を立てれば良いか?」

・16:30 成果発表

・17:00 終了

以降、任意での懇親会を実施

・19:00 完全終了

 

申込:connpassのイベントURL(https://lightz.connpass.com/event/152154/

主催:株式会社LIGHTz・公益社団法人日本フェンシング協会強化本部

 

金メダル獲得を最前線で支えるデータサイエンティスト募集 日本フェンシング協会強化本部とデータアナリティクスのLIGHTzが 「Fencing Gold Medal Challenge」を共同開催_プレスリリース_20191209