PRESS RELEASE

昭和から令和へ ’85 年つくば科学万博のシンボルである 「コスモ星丸」復活プロジェクトを 「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」にて実施します

株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市千現、代表取締役社長:乙部信吾、以下LIGHTz)は、
2020 年2月15 日(土)、2 月16 日(日)につくばカピオにて開催される「Tsukuba Mini
Maker Faire 2020」(以下TMMF)にて、「Rebuild(再生)でも Repair(回収)でもない Legend(伝統)と New Tech(技術)の Fusion!」というコンセプトの下、1985 年に
研究学園都市つくばにて行われた「つくば科学万博」のマスコットキャラクターである「コスモ星丸」復活プロジェクトを実施致します。

上記コンセプトの下、LIGHTz は、TMMF 会場でのプレゼンティングに向け、AI/ロボット技術を駆使したものづくりを開始しています。このプロジェクトは、元々つくば科学万博記念財団様よりTMMF に向けてご提案されたものでした。研究学園都市つくばに縁の深い“ものづくり屋”が集結するTMMF にて、つくばのものづくり、クリエイションの原点とも云うべきつくば科学万博のマスコットキャラクターである“コスモ星丸”を現代の技術者による最新の技術で、蘇らせたいというつくば科学万博記念財団様の積年の思いがありました。

そのコンセプトが、「つくば科学技術への温故知新への思い」を設立来抱き続けていたAI ベンチャー企業のLIGHTz の「技術による地域活性化、地域貢献」の理念と合致し、今回、TMMF にてプレゼンティングスポンサーを務める運びとなり、「コスモ星丸」復活プロジェクトが実施されるに至りました。

また、当プロジェクトを実行するにあたりまして、Makuake によるクラウドファンディングを実施致します。

“コスモ星丸”の復活をみなさまに喜んでもらえるよう、LIGHTz チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、応援よろしくお願い致します。

「コスモ星丸復活プロジェクト」クラウドファンディング概要

■概要
1. 期間:2020 年2 月17 日(月)18 時まで
2. URL:https://www.makuake.com/project/lightz/
3. 目標金額:1,000,000 円

■会社概要
株式会社LIGHTz
代表取締役社長:乙部 信吾
本社所在地:茨城県つくば市千現2-1-6
会社設立:2016 年10 月5 日
社員数:82 名(2020 年1 月1 日現在)
事業内容:スペシャリスト思考のAI 化と実務適用支援/次世代情報メディア開発/ロボットの社会適用モデル開発