PRESS RELEASE

デジタルモールド・プレス技術を活用した「プレス版/IoT”ブレイン”金型」共同開発を開始

 

プレス金型を主とする各種金属部品加工による試作から量産まで広い領域の金属加工技術を有する中辻金型工業株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表:中辻儀治)と、3Dプリント樹脂型「デジタルモールド®️」(以下、「デジタルモールド」)技術を有し、製品設計、試作から量産まで一気通貫の製品化支援を事業とする有限会社スワニー(本社:長野県伊那市、代表取締役:橋爪良博)、AIによる熟達者ノウハウの技能継承サービスを提供する株式会社LIGHTz(本社 : 茨城県つくば市、代表取締役社長 : 乙部信吾)、製造業向けコンサルティングサービスを提供する株式会社O2(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本晋一)、同グループ企業で加飾金型の製造を得意とする株式会社IBUKI(本社:山形県西村山郡河北町、代表取締役社長:松本晋一)は、デジタルモールドに各種IoTセンサを取り付けることによりプレス加工中の材料や金型の遷移状態データを取得することが可能な【IoT「デジタルモールド」】を製作。このIoTデジタルモールドから採取されたデータ特徴とLIGHTzが開発した熟達者知見ベースのAI【ORGENIUS®】を連携したアプリケーションを開発し、SIEMENS社のクラウドサービス【MindSphere®: the cloud-based, open IoT operating system from Siemens*1】に実装しました。これによりIoTセンサから得られたデータを熟達者の知見に基づいて分析し、ユーザにコメント表示することが可能な【プレス版/IoT“ブレイン”金型®】のプロトタイプを製作しました。

デジタルモールドとは: デジタルモールドは、3D プリント樹脂型を用いて ABS、PS、POM、PP などの熱可塑性樹脂を射出成形する最新技術 である。また、同様にこの 3D プリント樹脂型をブロー成形やプレス成型にも活用することで、樹脂容器や金属部品の試作 製造も可能になる。迅速で安価に量産材料で試作部品や小ロット部品を製造することができる。 デジタルモールドに関する詳しい情報は、https://www.swany-ina.com/dm.html をご覧ください。
※ デジタルモールドは、有限会社スワニーの商標、もしくは登録商標です。

※ ORGENIUS(オルジニアス)は、株式会社LIGHTzの登録商標です。

【有限会社スワニー】 URL: www.swany-ina.com/

【中辻金型工業株式会社】 URL: https://nkk-24.co.jp/